飲食店は接客が大事

警備は大事

飲食店は接客が大事 ビルやホテル、それにデパートなどにとって警備はとても大事な事です。
最近はスーパーマーケットでもほとんどの所が警備員を雇っています。
警備員にも仕事用の服装をしている人もいますが、最近、特に多いのが私服の警備員が多い事です。
特にスーパーマーケットや本屋などの小売店で私服の警備員が多いです。
昔も万引きの被害を受けるお店は多かったですが、最近は特に多くなっています。
それだけに警備員の役割は大事になってきています。
それに警備員も万引き犯を見つけられないでいると自分の死活問題にもなってしまいますから必死に捕まえようとする警備員は多いです。
それは警備員の年齢にも関係している事とも言えます。
警備員はビルやスーパーマーケットなどと直接の契約はありません。
そこの所は派遣とほとんど変わりありません。
警備の仕事に就く場合は警備保障会社と契約をしなければなりません。
大抵は警備保障会社から派遣されてくる事が多いです。
それだけに派遣と警備は似ています。
警備と派遣で根本的に違う所と言えば警備は危険と隣り合わせだという事です。
派遣は普通に仕事をするだけですからそんなに危険な事はありません。
しかし、警備はビルの見回りもそうですが、スーパーマーケットやデパートだったら万引き、ビルやマンションだったら空き巣などの犯罪を止めるという役割も果たしますから危険な目にあう可能性もあります。
そこの所が警備員と派遣とでは根本的に違う所でしょう。
警備員はだいたい警備会社から派遣されてきますから派遣みたいに感じる人も多いですが、警備員はアルバイトで警備会社に登録をしたという人がほとんどです。
それだけに警備員もアルバイトの一つです。
警備員の服装は警察官の服装と似ていますが万引きや空き巣を見つけても逮捕する事は出来ません。
それだけに万引きや空き巣などを見つけたら捕まえて警察に渡すというのが最近は多いです。
しかし、本来の警備員の仕事を工事現場とかでの安全確認やビル内の見回り、それに駐車場などが主ですが、最近の警備員は危険な事に巻き込まれると言うケースが多くなっています。
それだけに今の警備員は危険にあう可能性が高くなっていますから警備員のアルバイトをしようと思う人は減りつつあります。
それだけに最近は警察を定年退職した人がアルバイトとして警備員をやっています。
それだけ最近の警備は一般人には危険な状況になりつつありますから元警察官が多くなってきています。


Copyright(c) 2022 飲食店は接客が大事 All Rights Reserved.