飲食店は接客が大事

アルバイトも自己紹介から

飲食店は接客が大事 就職も入社した時が一番大事です。
入社した時の印象が悪いとずっと印象が悪い事になります。
そうなると仕事をしていても苦痛になるだけになります。
いくら生活のためだと思っても苦痛しかなかったら長続きはしないでしょう。
それだけに入社した時が一番大事になります。
入社した時の印象が良かったら仕事はきつくても苦痛にはあまりなりません。
アルバイトも同じことが言えて入った時の印象が良かったら仕事が大変でもやっていけます。
逆に印象が悪かったら仕事が楽だとしても苦痛にしかなりません。
正社員もアルバイトも最初がものすごく大事になります。
最初と言ってもいろいろありますが、自己紹介がちゃんと出来るかどうかでだいぶ印象が違ってきます。
就職の面接はだいたい自己紹介などのあいさつで会社から受ける印象が変わってきます。
アルバイトも社員として入るわけではありませんが、面接の時の自己紹介などの挨拶はほとんどの会社で採用基準になります。
短期のアルバイトなら少しぐらい自己紹介などの挨拶が出来ていなくても悪い影響にならない場合もありますが、正社員として希望する場合や長期のアルバイトの場合は自己紹介がちゃんと出来ていないと採用にどうしても躊躇しがちになります。
それだけに長期のアルバイトを希望するのなら自己紹介はちゃんと出来ておいた方が良いです。
アルバイトなどの仕事の事だけではなくて、近所付き合いにおいても挨拶はとても大切な事です。
挨拶がちゃんと出来る人は近所の人とすぐに打ち解けられますけど、逆に挨拶が全くできない人は近所付き合いもうまくはいきません。
人間関係がうまくいくかうまくいかないかは本人次第という事になります。
自己紹介は日常生活に置いてとても大切な事です。
挨拶と違って自己紹介はしょっちゅうする物ではありません。
何回も同じ人に自己紹介をしたらへんなふうに思われますし、それに逆に人間関係が悪くなります。
それだけに自己紹介をするのも時と場合を考えた方が良いです。
アルバイトの自己紹介は最低でも2回はした方が良いです。
1回目は面接の時です。
アルバイトも面接を受けて採用されたら働くと言うのは就職と同じです。
それだけに面接の時は履歴書を持参はしますが、自己紹介もした方が良いです。
そして、もう1つは出勤初日です。
社長とは面接の時にだいたい顔を合わして自己紹介もすましていますけど、他の社員の人とは初めて顔を合わすはずです。
それだけに初顔合わせの時に自己紹介をするのは当たり前の事です。
人間関係を築く上で自己紹介はとても大事な事です。


Copyright(c) 2022 飲食店は接客が大事 All Rights Reserved.